男性をEDに追い込むセリフ

何をもってEDと判断するのか

EDは男性器の勃起機能が低下することによって起こる症状で、英語では「Erectile Dysfunction」と呼び、日本語では勃起不全や勃起障害とも呼ばれる病気です。文字だけで汲み取ると、勃起が全くできない状態と考えられますが、何もそれだけがEDであるとは決められていません。勃起しても硬さが維持できず、そのまま射精してしまったり、勃起してもすぐに萎えてしまう、あるいはなかなか勃起できない状態でもEDとされています。専門的な見解では性行為で十分な勃起が維持できない、または満足な性行為が行えない状態をEDと定義しています。正常な勃起は性的な刺激が外部から伝わると、脳から陰茎へと神経によって伝わり、陰茎の血管を広げて血液を呼び込むと、海綿体に血液が流れ込み、陰茎が大きく膨らんで勃起の状態へと繋がります。このメカニズムの何処かに異常が起こるとEDになるとされ、例えば血管の広がりが不十分で血液が流れ込まず、最初は勃起するものの、すぐに元に戻ってしまうなどの状態です。あるいは脳から陰茎へと伝達される神経に異常が起こることで、陰茎にまで興奮が伝わらず、全く勃起ができない状態もあります。通常は年を重ねるごとに興奮が起こらなかったり、血流が悪くなってEDへのリスクが高まりますが、元から不規則な生活を送っていたり、飲酒や喫煙、脂っこいものを好んで食べるなどの生活習慣、仕事や家庭によるストレス、運動不足といった要素が重なると、若いうちでもEDを発症するリスクが高まります。特にEDの三大要因とされる高血圧、喫煙、糖尿病は合併症として起こる可能性があるので改善をすることが重要となります。また、肉体的な問題以外にも、トラウマや自信の喪失といった精神的な問題で発症することもあります。